書類選考に通るための応募書類作成

 企業では良い人材を得るために書類選考を行っているが、応募者が多い場合でも書類選考をしています。いくつもの会社に書類を送って、応募したとしても書類選考を通らない事で悩んでいる人もいます。書類選考を通過できない場合の応募書類作成に関する原因として、書類に書いている方向性が採用担当者との考えよりずれている事が主な要因です。転職活動を行っている時に、業種や職種を自分で選んで応募する事になります。転職活動中で自分が仕事を行っていくための業種や職種が、現時点のスキルや経歴から外れてしまっている事も考えられます。

 

自分の売りをアピール

 現時点のスキルや企業が提示している要件が外れるような書類を作成すれば、書類選考に通らないのは当たり前です。自分が企業に合致している売りを明らかにして、自分の売りを企業に入社してからどのように働かせるのかについて、もう一度転職活動の中で検討していかなければならないです。

 

企業へのアプローチの種類

 一方で、応募などのアプローチがまだまだ不足していることも考えられます。企業へ応募する際にアプローチの手段を多くする事が、書類選考に対する通過の条件になります。企業への応募は、様々な応募の仕方があります。自由に応募する形式では応募の際に採用担当者がほとんどの応募者を知らないので、見知らない人を選考する事をネガティブに考えています。企業へのアプローチの仕方として、直接的に企業にアプローチしたり、人材紹介会社を利用したり、企業に関連した友人や知人といった多くの手段で転職活動を行っていく方が良いです。



このページの先頭へ戻る