技能工の転職に関するアドバイス

 仕事内容としては、主に工業に関する製品を製造する仕事です。最近では半導体関係などの製品の製造が中心で、半導体関係の技能工へ転職の条件として、製品の製造に関する知識や経験を所有していないと転職できない場合が多いが、簡単な製品を製造する場合において転職を考える場合は、入社してから製造に関する研修で製造技術を磨いていくので、製造に関する経験は不問である事が多いです。

 

転職前の確認

 製品の製造関連の仕事に就職した時に、基本的に工業系の大学を卒業した経歴を持っている人がほとんどであって、製品の概要を学んでいて、様々な部門に配属されている傾向が多いです。他の会社の製造会社の転職を考える際に、同じ業種であるかどうかを転職の前に確認しておく必要があります。

 

同業種へ転職する利点

 例えば、学校を卒業してから、半導体関係の業種に数年間働いていたとして、将来的にステップアップのために同じ業種で働きたいと考えているならば、半導体の業種として転職する時に前の経験を生かしてアピールすれば良いだけの事なので、半導体の製造に関する職務経験と功績などを書類に書いて採用担当者にアピールすればよいです。

 

今までの功績をアピール

 しかし、半導体関係の製造の業種から機械や薬剤の製造関係などの仕事に転職する場合に、違う業種に関していかに自分の貢献度がアピールできるかが重要です。製造の経験があったとしても、これまでに行ってきた製造に関する製品の内容が違うので、すぐに即戦力として製造の仕事に貢献できない事が当たり前なので、これまでの製造の仕事に関する功績をアピールします。



このページの先頭へ戻る