仕事を決める上での自己分析

 転職で一番悩んでしまうのは、自分がどういった事をしたいか、自分にはどういった仕事が出来るのか、履歴書を書く上でも自分がどういった性格の人間なのかを把握しておく事だと思います。

 

やりたい仕事を見つける方法

 転職をするなら、どういった仕事がしたいという、おおまかな希望はあると思います。決まらないのならば、体を動かす方が好きとか、コツコツした作業が好きとか。自分の好きな内容を絞っていくのが大切です。自分の好きな事をメモに書き出していき、その内容に一番合いそうな仕事をピックアップしていくと、したい仕事が見つかっていくでしょう。

 

嫌いなことも確認しておく

 逆に好きな事よりも、嫌いな事をメモに書き出していってもいいです。嫌いな事を考慮して、仕事を見て入れば、自分がしたくない仕事に手を付ける事は無いでしょうし、自然としたい仕事が残っていくという形になります。仕事を決める上ではそういった自己分析が大切ですし、後は自分自身がどういった人間なのかも分析したいですね。

 

 好きな事嫌いな事のメモも、自分自身の分析にも使えます。後は自分の出来る資格とか、得意な事とか、趣味とかも考えて、以前の仕事で得た事などもあれば、メモしていく。

 

まとめ

 自分自身が出来る事と好きな事を考慮して、受けようと思う仕事も見つける事が出来ますし、受けたい仕事に自分の能力が追い付いていないのであれば、それを補うためにも何か勉強を始めたり、資格を取ったりして、自分の至らない点を補っていき、自信を付ける事が出来ます。



このページの先頭へ戻る